Frans van der Hoeven

Frans van der Hoeven

European Jazz Trio / Bassist

Frans van der Hoeven

Frans van der Hoeven

フランス・ホーヴァン(ベース)

フランス・ホーヴァンの演奏は30枚以上のレコード/CDで聴くことができます。彼がレコーディングに参加したアーティストはArt Farmer,European Jazz Trio,The Toon Roos Quartet,Rob Manda Trio & Bigband,The Dutch Jazz Orchestra,The Diederik Wissels,David Linx Quartet・・・
ホーヴァンは自身のリーダーアルバムのCDを2枚制作しています。
「First Flight 」(97年・VIA Records/VIA 992.021.2) このアルバムではアコースティックとエレクトロニック・サウンドを融合した音楽のなかで、アコースティック・ベースをフィーチャーしています。彼はベースに加えてキーボード、ギター、ドラム、パーカッションを演奏し、ヴォーカルまで担当しています。彼は、このソロ・プロジェクトでもライブを行っています。「Rockin’ In Rythm」(2000年リリース)このアルバムでは彼の他にドラムのハン・ベニンクと2人のテナー奏者をフィーチャーして、デューク・エリントンの音楽を演奏しています。
彼は以下のような大物ミュージシャンのサイドマンも務めてきました。Clark Terry, Woody Shaw, Barney Wilen, Lee Konitz, Dee Dee Bridgewater, Toots Thielemans,Harry Sweets Edison, Ronnie Cuber, Tom Harrel…..
彼はアムステルダムとハーグの音楽学校で教鞭もふるっています。 最近では彼のフューチャーで全曲をSWB-GAMBA/Rでアレンジした、オリジナルアルバム『レパトワ』が日本でも多くのジャズファンを魅了しています。 そのSWBの響きは、まさに彼のために開発された楽器の魅力が十二分に演出されています。