納浩一 Osamu Kouichi

SWB-Maestro

SWB-Maestro

納浩一 Osamu Kouichi

納浩一オフィシャルウェブ / Facebook

1960年10月24日、大阪生まれ。 京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。
’85、’86年度のバークリー・エディ・ゴメス・アウォード受賞。 ’87年に同大学作曲編曲科を卒業。
帰国後は都内のライブハウスやスタジオセッションを中心に活動。’96年〜’08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシストとして、全国ライ ブハウスや、モントルージャズフェティバルを初めとする、海外ジャズフェスティバルなどに多数に出演した。
’01 年より、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で、8枚のアルバムのリリースし、2004年度の東京ジャズなど数多くのライブ活動を積極的に展開してきた。現在はクリヤ・マコト、則竹裕之と共にユニットを組み、「Acoustic Weater Report」というアルバムを’16年に発表し、国内ジャズフェスや日本中のライブハウスでの演奏活動を展開中。
’97年7月、初リーダーアルバム“三色の虹”を、’99年3月には布川俊樹との 共同アルバム“DuoRama”をリリース。
’06年1月、リーダー作“琴線/ The Chord“をリリース。 
‘09年3月、布川俊樹との 共同アルバム第2作目“DuoRama 2”をリリース。
‘15年7月、布川俊樹との 共同アルバム第3作目“DuoRama Standards”をリリース。
教則DVDは、「すぐ弾けるジャズ・ベース」「ジャズベース・スタンダード」(リットーミュージック)、「ウォーキング・ベース自由自在」 「ウッド・ベースの嗜み」の4タイトルを制作。
またジャズスタンダード曲集「ジャズスタンダード・バイブル1・2」「ジャズスタンダード・バイブル・フォー・ボーカル」やソロ集「ジャズスタンダード・バイブル for ADLIB」、ジャズの理論書「ジャズ・スタンダード・セオリー」をリットーミュージックより出版し、好評を博している。